美容外科で求人を求めた結果

就職時美容外科での求人で応募することに

私は10年前の就職氷河期に運悪く当たってしまったため、一般企業よりもニッチ産業として有名な美容外科での求人で応募することにしました。
とは言っても、最初はマイナビやリクナビなど一通りの企業と同じようにエントリーシートを書くことを考えていたのですが、美容外科はそのような求人は少なく、むしろハローワークなど昔ながらの方法での求人が多かったのを記憶しています。
このため、一緒にその業界を狙っているライバルに半年ほど遅れて参加しました。
昔からその業界を目指していたわけではないのですが、高校の文化祭の演劇で化粧をしたのをきっかけで、美容に目覚めたのは事実です。

美容外科求人ガイドの特徴とメリットデメリット!こんな看護師におすすめ! https://t.co/7lFTLVIH4p

— 釜山大好き (@j88RNw8kFetUYFY) 2019年11月19日
いざ応募してみると思った以上にライバルが多いことに驚きました。
一般企業と比べて募集人数が限りなく少ないので、毎回来るメンツは同じようなライバルばかりでした。
このため、毎回顔を合わせるので、ピリピリした雰囲気がだんだんと慣れてきてお互いの傷の舐め合間で出来る中になりました。
今でも何人かは連絡が取れる仲になっています。
勝負しなければならないのは志望動機と面接です。
最初の筆記試験はそこまで難しい問題が出ないので差がつくことはありません。
むしろ、エントリーシートに志望動機がありますが、これがかなり重要です。

就職時美容外科での求人で応募することに何社か受けるうちレベルアップし無事合格に面接にはテレビや新聞やラジオや小説なども参考になった